コロナ禍にあっても根強い需要が見られる「フォトウェディング」。

こんな時期だからこそフォトへの本格参入を検討されている会場も多いようです。

ただ、フォトウェディングならではの「法律」上の課題に注意が必要です。

 

【セミナー内容】

オープニング/ブライダル業界におけるフォトウェディングの現在地

(1)フォトウェディングの契約関係

(2)新郎新婦とフォト契約のあり方

 1.挙式披露宴契約との区別はどうあるべきか

 2.サービス内容に含めると違法になる「あるサービス」

 3.サービス規約に入れるべき厳選7条項

  ・フォトグラファー急病時の条項

  ・主観的なクレームへの対処法

  ・データ消失時の対処法  等々

(3)フォトグラファーの注意点

 1.写真の著作権を巡る権利関係

 2.下請法による規制の整理

(4)ヘアメイク・着付けの注意点

 1.下請法による規制の整理

 2.美容師法による規制の整理

(5)全関係者向けの注意点

 1.被写体の「人」と「建物」の権利関係

 2.路上での撮影における法律関係

 3.撮影中や移動中の事故発生時の法律関係

 4.WEBで受注する際の法的注意点

(内容は一部変更になる場合がありますことをご了承ください。)

 

創業7年目を迎えたBRIGHTが保有する

「フォトウェディングを巡る法律ノウハウのすべて」

一挙解説するセミナーをご用意しました。

 

全国の会場フォトヘアメイク着付けの皆様に 是非ともご参加いただきたいセミナーです。

 

開催日時:2021年5月13日(木)13時~15時

講 師:BRIGHT代表 夏目哲宏

場 所:Zoomウェビナー

受講料:1名あたり2,000円(税込)

 

※請求書は原則として発行しておりませんが、請求書が必要な場合は、「備考欄」にその旨ご明記ください。 その場合はPDF形式にてメールに添付する形でお送りいたします。

 

※ダウンロードしたPDF資料は30日有効となりますので、ぜひお手元に保存してご利用ください。

急増!『前撮り・フォトウェディング』関連法令解説セミナー(2021/5/13開催)

¥2,000価格